ニッケルめっきのことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのニッケルめっきの3つの特徴!
1.
ニッケルめっき等、めっきの豊富な実績!
めっき/メッキの事例をもっと見る
ニッケルめっきの事例をもっと見る
2.
ニッケルめっきを中心に幅広い材質を自由にめっき!
加工法
  • アルマイト処理
  • クロムめっき
  • ニッケルめっき
  • ユニクロめっき
  • 三価クロメート
  • 亜鉛めっき
  • 溶融亜鉛めっき
  • 無電解ニッケルめっき
  • 金めっき
  • 電気亜鉛めっき
  • 黒色アルマイト
  • 黒色クロメート
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
ニッケルめっきを最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

ニッケルめっきについて詳しく解説!
ニッケルメッキ(ニッケルめっき)加工処理とは

ニッケルメッキ加工処理とは、製品や部品表面にニッケルを析出させることによってニッケルが持つ機能や特性を付与する表面処理加工法です。ニッケルメッキは非常に多くの場面で用いられており、その用途は多岐に渡ります。
主に、装飾メッキと機能メッキとして用いられることが多く、身の回りの多くの製品の装飾や他のメッキの下地としてニッケルメッキ加工処理が用いられています。また、ニッケルは鉄などの金属に比べて耐食性があり空気中で安定しているため、装飾とともに腐食対策としても用いられる加工処理法です。

また、ニッケルメッキ加工処理には加工の方法によって2種類に分類され、電気を用いてメッキを行う電解ニッケルメッキ加工処理と、電気を用いない無電解ニッケル加工処理になります。
電解ニッケルメッキ加工処理は、無電解ニッケル加工処理に比べ価格が安く短時間での加工が可能になります。一方で、無電解ニッケル加工処理は複雑な形状でも均一な膜厚で綺麗かつ正確にメッキすることができるという特徴があります。そのため、形状が複雑な製品や高い寸法精度が求められる製品には無電解ニッケル加工処理が多く用いられます。

ニッケルメッキ(ニッケルめっき)の特性

ニッケルメッキの特性として、用途の幅広さが挙げられます。そもそも、メッキの用途は

・装飾メッキ
・防錆メッキ
・機能メッキ
の3つが主なものになります。

装飾メッキとは、その名の通り素材を装飾する目的でされるメッキ加工であり、ニッケルメッキは金属光沢を付与したい製品などに用いられます。また、装飾と同時に防錆効果も果たします。ニッケルは鉄などと比べ耐食性が高いため、鉄の腐食を抑えることができます。
機能メッキはその部品の材質にはない特性を付与する役割を持ちますが、ニッケルメッキは金属への密着性が良いという特性が生かされるメッキになります。ステンレスなどのメッキ加工しにくい金属に金メッキなどをする際には、その下地として薄くニッケルメッキを施すことが多いです。

ニッケルメッキの皮膜自身の特性としては、金属光沢があり(光沢度合いは調整可能)硬度や耐食性などが十分にあるということになります。さらに、少し価格が高くなりますが電気を用いない無電解ニッケルメッキの最大の特性として、形状に関係なく均一にメッキ加工できるということがあります。そのため、機能メッキの中でも最も優秀なメッキの1つであると言えます。

ニッケルメッキの膜厚・色などの外観

ニッケルメッキは様々な製品で用いられていますが、その色は基本的に銀色を帯びた色になります。ニッケルメッキは光沢の有無を操作することもできるため、光沢の有無によっても色は変わってきます。
また、膜厚は用途にもよりますが、その他メッキの下地としてメッキされる場合、耐食性を保持するために普段より厚くメッキされることもあります。

ニッケルメッキの腐食

ニッケルメッキは、実は皮膜自身が腐食しやすいという特性があります。そのため、ニッケルメッキ加工をする多くの場合においてニッケルメッキと合わせてクロムメッキもされます。
装飾クロムメッキには、皮膜が長時間光沢を保ち続けることができるという特性があります。そのため、クロムメッキ加工はニッケルメッキの保護皮膜として用いられることが多いです。

製作事例
めっき/メッキの事例をもっと見る
ニッケルめっきの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。