三価クロメートめっきのことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディの三価クロメートめっきの3つの特徴!
1.
三価クロメートめっき等、めっきの豊富な実績!
めっき/メッキの事例をもっと見る
三価クロメートの事例をもっと見る
2.
三価クロメートめっきを中心に幅広い材質を自由にめっき!
加工法
  • アルマイト処理
  • クロムめっき
  • ニッケルめっき
  • ユニクロめっき
  • 三価クロメート
  • 亜鉛めっき
  • 溶融亜鉛めっき
  • 無電解ニッケルめっき
  • 金めっき
  • 電気亜鉛めっき
  • 黒色アルマイト
  • 黒色クロメート
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
三価クロメートめっきを最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

三価クロメートめっきについて詳しく解説!
三価クロメート処理とは

三価クロメート処理とは、クロメート処理と呼ばれる化成処理のうち三価クロメートを用いた化成処理のことです。

クロメート処理とは、主に亜鉛メッキした後にその表面に新たに皮膜を形成する加工法です。亜鉛メッキは主に鉄の防錆対策として広く用いられるメッキ加工で、鉄の表面に亜鉛の皮膜を形成します。しかし、亜鉛には亜鉛自身が酸化されやすいという特性があります。そのため、亜鉛を保護する処理加工方法としてクロメート処理が必要になるのです。

クロメート処理には主に以下の種類があります。

・六価クロメート処理
・三価クロメート処理
・ユニクロメッキ処理(光沢クロメート処理)

クロメート処理は、もともと六価クロメート処理が広く用いられていました。六価クロメート処理は、亜鉛メッキした後に六価のクロム塩に浸すことで、亜鉛メッキの表面に皮膜を形成する加工法です。安価で見た目も綺麗なため、防錆と装飾の2つの役割を持っていました。
しかし、六価クロメート処理は皮膜中に六価クロムを含むため金属アレルギーを引き起こす危険性があるとともに、廃棄されてからの環境への悪影響が危ぶまれ使用が制限されるようになりました。
そこで代わって利用されるようになった加工処理法が、三価クロムを用いた三価クロメート処理法になります。三価クロメート処理ももともと利用はされていましたが、六価クロメート処理に比べ防錆力が低くあまり普及しませんでした。しかし六価クロメート処理の制限が始まってから三価クロメート処理の改良が進み、耐食性もよく外部からの傷にも強い皮膜が形成されるようになりました。

ちなみに、クロメート処理と同じく亜鉛メッキを保護する目的でされるメッキ加工にクロムメッキ があります。クロムメッキの中でも膜厚が薄く光沢の強い装飾クロムメッキは、主にニッケルメッキの保護膜として用いられています。目的は同じですが、クロムメッキとクロメート処理は加工法としては全くの別物になります。

三価クロメート処理とユニクロメッキ処理との違いは後述します。

三価クロメートの色

三価クロメート処理は、無色・有色(金色)・黒色の3種類から選択することが可能です。
本来三価クロメートの色は白色っぽいものから薄い黄色のものになります。黒色の三価クロメートは特に黒色三価クロメートと言われる処理法になります。

三価クロメートの膜厚

クロメート処理とは、亜鉛メッキ後に亜鉛皮膜の表面に加工する化成処理であり、クロメート皮膜の膜厚は約0.1~0.3µmもの非常に薄いものになります。
この非常に薄い三価クロメート皮膜により亜鉛メッキ皮膜が保護され、亜鉛メッキがすぐ酸化されてサビ(いわゆる白錆)が生じてしまうことを防いでいます。

三価クロメート処理とユニクロメッキ処理の違い

三価クロメート処理もユニクロメッキ処理も同じクロメート処理です。ただし、外観に違いがあり、それぞの役割も変わってきます。

そもそもクロメート処理は亜鉛メッキをサビから保護するための化成処理です。三価クロメートは耐食性が改善され、防錆メッキとしての役割を果たしています。
一方で、ユニクロメッキとはクロメート処理の中でも光沢クロメートと呼ばれるものに分類されます。ユニクロメッキはその名の通り光沢が強く、金色っぽい三価クロメートとは違って銀色っぽい色をしています。ユニクロメッキは外観が綺麗である一方で、防錆効果は三価クロメートに劣ります。そのため、ユニクロメッキ処理は主に装飾メッキとして用いられるのです。ユニクロメッキはボルトやネジなどでよく用いられているのを見ることができます。
防錆が目的なら三価クロメート処理加工、装飾が目的ならユニクロメッキ処理加工が適しているということが言えます。

クロメート処理
  • 三価クロメート
  • ユニクロめっき
防錆効果
外観
  • 金色もしくは黒色
  • 光沢の強い銀色
用途
  • 防錆
  • 装飾
製作事例
めっき/メッキの事例をもっと見る
三価クロメートの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。