金めっきのことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディの金めっきの3つの特徴!
1.
金めっき等、めっきの豊富な実績!
めっき/メッキの事例をもっと見る
金めっきの事例をもっと見る
2.
金めっきを中心に幅広い材質を自由にめっき!
加工法
  • アルマイト処理
  • クロムめっき
  • ニッケルめっき
  • ユニクロめっき
  • 三価クロメート
  • 亜鉛めっき
  • 溶融亜鉛めっき
  • 無電解ニッケルめっき
  • 金めっき
  • 電気亜鉛めっき
  • 黒色アルマイト
  • 黒色クロメート
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
金めっきを最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

金めっきについて詳しく解説!
金メッキとは

金メッキ加工処理とは、製品や部品表面に金を析出させることによって金が持つ機能や特性を付与する表面処理加工法です。
金メッキ加工を施せば、外観が美しくなることはもちろんのこと、腐食しないなどの金の様々な優れた特性を付与することができます。
金は外観が美しく、高級感が溢れる金属です。加えて、金には見た目以外にも、電気伝導性が高いなどの貴重な特徴があります。しかし、製品を丸ごと金で制作すれば大変な価格になってしまいます。そこで金メッキ加工が活躍するのです。メッキ加工により薄い金の皮膜で製品を覆うことによって、ごく少量の金を用いて金の利点を活かすことができます。

金メッキの特徴

金メッキの特徴として、まず見た目が金色に輝き美しくなるということは言うまでもありません。装飾目的で金メッキする場合は、膜厚約0.1µmの非常に薄いメッキを用います。
外観が美しいという以外の主な特徴として、

・電気伝導性が高い
・耐食性が高い
・はんだ付け性が高い
・ボンディング性が高い

などの点が挙げられます。

金は電気伝導性が高い金属です。パソコンやタブレットなど多くのデジタル機器が普及している中で、それらの電子部品や半導体の多くが金メッキされています。さらに耐食性も高く腐食されにくいという特徴があるため、耐久性の面でも優秀です。

はんだ付けとは、はんだを溶かして金属同士を接続する加工法です。はんだ付けにおいて重要なのが、接続される金属面とはんだ材料との相性が良いかどうかです。はんだ材料がよく馴染む金属でないとうまく接続することができません。そこで、はんだ付けにより接続する部品に、はんだ材料と相性のいい金をメッキするのです。
ボンディングとは半導体チップと、電気的な接点を備えたフレームとを接合する加工法をいいます。ボンディングは半導体では欠かすことのできない技術になるので、ボンディング性が高いという金メッキの特徴は重要なものになります。

金メッキの用途

金メッキは上記の特徴をいかし、主に装飾メッキと機能メッキで用いられています。
装飾メッキとは、外観を美しくするためのメッキ加工で、機能メッキとは金の特性を他の素材に付与する工業用のメッキ加工になります。
装飾メッキとしての用途は

・寺院の金色部分
・ネックッレスなどのアクセサリー

など、見た目の綺麗さ・高級さを向上する役割を果たしています。

機能メッキとしての用途は

・デジタル機器の電子部品
・半導体
・自動車の電子部品や電気回路

など、日常的に欠かすことのできない製品の精密部品に多く用いられています。金メッキの電気伝導性の高さ、耐食性の高さ、はんだ付け性の良さなどがいかされたメッキ加工になっています。

金メッキの種類

金メッキは基本的に純金を用いることはなく、その他の金属を含有した合金が用いられます。純金は価格が高いこともあるとともに、軟らかすぎるため合金にして硬さを加えています。
装飾用金メッキでは、銅や亜鉛、銀などとの合金めっきがあり、それぞれの金属の含有比率によって色を変えることができます。
機能めっきとしての金メッキでは、純金メッキでは軟らかすぎる場合に、コバルトやニッケルと合金化することで耐摩耗性を向上させることができます。

製作事例
めっき/メッキの事例をもっと見る
金めっきの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。