ステンレス/SUSのめっき加工ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのステンレス/SUSのめっき加工の3つの特徴!
1.
ステンレス/SUSのめっき加工の豊富な実績!
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
めっき/メッキの事例をもっと見る
2.
多種のステンレス/SUSを自由にめっき!
対応規格
  • SUS304
  • SUS304-CSP/バネ材
  • SUS304-HL
  • SUS304-縞鋼板
  • SUS304-鏡面
  • SUS316
  • SUS430
加工法
  • アルマイト処理
  • クロムめっき
  • ニッケルめっき
  • ユニクロめっき
  • 三価クロメート
  • 亜鉛めっき
  • 溶融亜鉛めっき
  • 無電解ニッケルめっき
  • 金めっき
  • 電気亜鉛めっき
  • 黒色アルマイト
  • 黒色クロメート
3.
ステンレス/SUSのめっき加工を2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
キャディ独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

ステンレス/SUSのめっき加工(メッキ加工)について詳しく解説!
ステンレス/SUSのめっき加工(メッキ加工)とは

ステンレスという金属は強度・耐食性がともに高く、錆びにくい素材として知られています。そのため防錆効果が期待されるメッキ加工処理はステンレスには施さないというイメージを持つ人が多いと思われます。
また、ステンレスは基本的にメッキの密着率が低いという特徴があります。そのため、「ステンレスにめっき加工処理をすることはできますか?」「ステンレスは錆びにくいしめっきする必要がないのでは?」という疑問を抱く人も多いと思います。

弊社ではステンレス素材の板金製品にも問題なくメッキ加工処理を施すことが可能です。ステンレスは、SUS304やSUS430など多くの規格が存在しますが、それら多種類の素材に幅広く対応しています。
ステンレス製品にはどのような意図があってメッキ加工処理をすることが多いのでしょうか。

そもそも、メッキ加工処理には主に以下に挙げられる特徴があります。

・製品に必要な機能を付与することができる
電気伝導性など、製品の金属素材では達成することのできない機能を付与することができる。
・きれいな金属外観を手に入れることができる
メッキにより比較的安価に金などの高級感のある金属光沢を手に入れることができる
・素材を保護することができる
製品表面がメッキ皮膜に覆われることによって強度や耐摩耗性が向上し、メッキ皮膜の特性によっては耐食性が大きく向上し、製品の錆を防ぐことができる。
・素材を選ばず加工できる
銅や鉄、ステンレスやアルミニウムなどの金属表面はもちろんのこと、プラスチック製品にもメッキ加工処理を施すことができます。
・加工の幅が広い
メッキ加工に用いられる金属の種類が多く、非常に幅が広い表面加工です。

ステンレスにメッキ加工をする用途の例としては、電気伝導性を高めるために電気伝導性の高い金属のメッキをしたり、耐摩耗性を向上させるために硬質クロムメッキ処理をすることなどが多いです。
また、ステンレスはメッキの密着性が比較的悪い金属素材になります。そのため、ステンレスにメッキ加工処理をする際は、下地メッキとしてニッケルメッキを薄く加工処理することが多いです。ニッケルメッキ皮膜はメッキの中でも金属との密着性が良いため下地メッキに用いられることが多いのですが、ステンレスのメッキ加工処理の際は特によく用いられるメッキになります。

ステンレス/SUSのめっき(メッキ)加工処理の特徴

ステンレスは、一般的にメッキ皮膜の密着が悪くめっきに向いていないといわれる金属です。メッキ皮膜の充分な密着性を確保するために、めっき加工処理前の前処理が重要になります。

めっきする前の前処理とは、基本的にステンレス表面を活性化させるための脱脂になります。ステンレス表面の酸化被膜を除去する必要があるためです。ステンレスのメッキ前処理は、SUS304やSUS430など、ステンレス材の材質規格の違いに合わせた処理法を用いることが重要になります。

酸洗や電解脱脂など、ステンレス表面に適切な処理を施すことによってステンレスのめっきの品質を高く保つことができます。逆に、ステンレスのめっき加工の不良のほとんどがこの前処理が適切に施されていないことが原因であると言えます。

製作事例
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
めっき/メッキの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。