シルク印刷ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

シルク印刷の加工の3つの特徴!
1.
シルク印刷の豊富な加工実績!
印刷・刻印の事例をもっと見る
シルク印刷の事例をもっと見る
2.
幅広い材質にシルク印刷!
加工法
  • シルク印刷
  • レーザー刻印
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
シルク印刷を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
キャディ独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

シルク印刷について詳しく解説!
シルク印刷とは

シルク印刷とは、シルクスクリーン印刷とも呼ばれ、インクをナイロンやポリエステルなどの樹脂などで作ったスクリーンと呼ばれる穴を開けた版板に擦り付けて文字や絵を印刷する方法です。今はほとんど使われていませんが以前はスクリーンを絹(シルク)で作っていたためシルク印刷呼ばれています。紙や布に加えて金属や樹脂など多くのものに印刷を施すことができます。身の回りでは非常に多くの製品に使用されており、金属製品ではネームプレートや筐体のパネル部分などに施されています。

シルク印刷の方法

1.版板(スクリーン)の作成
まず版板を(スクリーン)を作成するために、印刷する文字や絵を描いたフィルムを作成します。そのフィルムを樹脂などの版に紫外線を当てて焼き付けることにより印刷用の版板(スクリーン)をつくります。

2.インクの調合
インクの調合によって、印刷物の色にあったインクを作成します。

3.被印刷体の洗浄
材料に付着しているほこり等の汚れを除去して表面を綺麗にします。表面にほこりが付着していると文字切れやピンホールの原因となります。

4.印刷
調合したインクを版板(スクリーン)を通して擦り付けられ被印刷体に印刷します。

5.焼き付け
インクを乾燥させるだけではインクは剥がれやすかったり不安定であるため専用釜で一定時間加熱することによって乾燥させて定着させます。

シルク印刷の特徴

シルク印刷のメリットの1つとしては安価で大量生産ができる点があります。一度版板(スクリーン)を作ってしまえば何回でも使用できるため大量生産すればするほど一個あたりのコストは減少します。一方で版板(スクリーン)の製作は必須でありそれなりに費用はかかるため少数の製品に対しての価格は高くなります。もう1つは基本的にどんな印刷物に対しても印刷可能である点です。紙、布、金属、樹脂に加え、ガラスや陶磁器等あらゆる製品にシルク印刷が施されています。合成ゴムやシリコン、フッ素樹脂には定着性が悪く、あまり使われません。デメリットとしては少数生産に向いていないことに加えて印刷に時間がかかることが挙げられます。版板の製作や印刷後の乾燥に一定時間必要であり、通して一定以上の時間は要します。

製作事例
印刷・刻印の事例をもっと見る
シルク印刷の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。