焼付塗装ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディの焼付塗装の3つの特徴!
1.
焼付塗装等、塗装の豊富な実績!
塗装の事例をもっと見る
焼付塗装の事例をもっと見る
2.
焼付塗装を中心に幅広い材質を自由に塗装!
加工法
  • アイボリー塗装
  • アクリル樹脂塗装
  • エポキシ樹脂粉体塗装
  • オレンジ塗装
  • グレー塗装
  • シリコン樹脂塗装
  • フッ素樹脂塗装
  • ポリウレタン樹脂塗装
  • ポリエステル樹脂塗装
  • ポリエステル樹脂粉体塗装
  • メラミン樹脂塗装
  • メラミン樹脂焼付塗装
  • 溶剤塗装
  • 焼付塗装
  • 白塗装
  • 粉体塗装
  • 青塗装
  • 黒塗装
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
焼付塗装を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

焼付塗装について詳しく解説!
焼付塗装とは

焼付塗装とは、簡潔に言えば塗料に高熱を加えて乾燥させる塗装法です。ステンレス、アルミ、鉄などの板金加工製品へ塗装加工をする際によく用いられる塗装法になります。焼付塗装は塗料の種類というわけではなく、塗装の工程のうち最後にあたる乾燥の部分になります。1度塗料を製品の金属表面へ塗布したあと100度以上の高温で加熱し、塗料を乾燥させることで塗膜を形成する塗装法です。

焼付塗装の特徴

焼付塗装の最大の特徴は、塗膜が通常の塗装より硬くなることです。高温で熱して乾燥することによって塗膜が硬くなります。

さらに、塗膜と金属表面との密着度が高まります。そもそも塗料と金属は密着性が低く、剥がれやすくなってしまうことがあります。焼付塗装によって塗料を金属にしっかりと密着させることが可能になり、剥がれにくく長持ちする塗装を実現することができます。

塗膜が硬く密着度も高くなるため、長持ちすることに加えて防錆効果などの機能も向上します。塗装の目的は主に着色ですが、塗膜が板金製品表面を覆うことによって防錆効果や耐摩耗性の向上などの役割も果たします。焼付塗装を行うことによって、これら塗膜の機能を向上させることができます。

焼付塗装の種類

板金加工製品への焼付塗装で用いられる主な塗料は、以下の2つが挙げられます。

・メラミン樹脂塗装
・アクリル樹脂塗装

・メラミン樹脂焼付塗装
メラミン樹脂塗装の焼付は、一般的に必要な温度は140度ほどです。アクリル樹脂塗装の焼付に比べて必要な温度が低く、加工が比較的容易かつ安価であるため最も一般的な焼付塗装になっています。

・アクリル樹脂焼付塗装
アクリル樹脂塗装の焼付は、一般的に必要な温度が約180度ほどと非常に高いです。そのため比較的困難な焼付塗装であると言われています。硬度、耐候性、耐薬品性などが非常に向上します。

板金加工製品には、主にメラミン樹脂粉体塗料を用いた焼付塗装が多いです。密着度を高めしっかりと着色をすること、さらには防錆や耐摩耗性の向上などの機能を目的として用いられています。

製作事例
塗装の事例をもっと見る
焼付塗装の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。