V曲げのことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのV曲げ(曲げ加工)の3つの特徴!
1.
V曲げ等、曲げ加工の豊富な実績!
曲げ加工の事例をもっと見る
V曲げの事例をもっと見る
2.
V曲げを中心に幅広い材質を曲げ加工!
加工法
  • R曲げ
  • V曲げ
  • Z曲げ
  • ヘミング曲げ
  • ロール曲げ
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
V曲げを最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。
まずはお見積依頼から!

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

V曲げについて詳しく解説!
V曲げとは

V曲げとは、板金加工において最も重要な加工方法の1つである曲げ加工の1種です。V曲げはその名の通りV字型の金型(パンチ及びダイ)を用います。パンチやダイは、曲げ加工機であるベンダーで用いられる金型のことであり、金型については詳しく後述してあります。金型がV型であるため、曲げrが小さくなるような曲げ加工になります。曲げrとは、曲げ加工をした際の最も内側の部分にかかる半径Rのことを指します。すなわち、曲げrが小さければ小さいほど、曲げ部分の角は鋭利になるということです。そのためV曲げは、角が鋭利なボックスや筐体を製作する際や、単純に曲げが必要な製品などで用いられ、曲げ加工のなかで最も一般的な曲げ加工であるといえます。

V曲げは、V字型のパンチとダイを用いて板金に圧力を加え曲げる、単純な加工方法のようにみえます。しかし、V曲げは大きく分けて以下の3種類の加工方法に分類することができます。

V曲げの種類
  • エアベンド法(エアーベンディング法)
  • ボトミング法
  • コイニング法
曲げの特徴
  • 板金とダイの間に隙間を残して曲げる方法
  • パンチがダイに届くまで曲げる方法
  • パンチとダイが密着するまで強く圧力を加え曲げる方法

・エアベンド法
エアベンド法とは、ボトミング法やコイニング法とは異なり板金とダイの間にすき間を残した状態で曲げる加工方法です。ダイの角度に影響されないため、板金の曲げ角度の自由度が高くなります。曲げ角度の自由度は高いですが、曲げ部分の精度に関しては後のボトミング法とコイニング法のほうが優れているといえます。

・ボトミング法
ボトミング法は、「底突き」とも呼称される曲げ加工方法で、パンチがダイに届くまで圧力を加えます。ボトミング法は、V字の金型に合わせて圧力を加え板金を曲げる方法であり、コイニング法とは異なり非常に強い圧力を必要とはしません。そのため、V曲げのなかでは最も一般的な加工方法であるともいえます。

・コイニング法
コイニング法は、ボトミング法よりもさらに小さなV幅のダイに対して、パンチがダイに密着するまで強く押し付けて曲げる加工方法です。そのため、非常に大きな圧力を必要とします。コイニング法による曲げ加工では、曲げ角度の精度が極めて高くなります。しかし、コイニング法は非常に大きな圧力を板金に対して加えるため、金属表面に比較的傷がつきやすくなる加工方法です。

これらがV曲げの種類です。曲げ部分や製品材料などの条件によってこれらを使い分けます。

V曲げの金型と原理

曲げ加工で用いられるベンダーは、パンチとダイと呼ばれる上下の金型からなります。上側の金型がパンチです。パンチはオス型とも呼ばれ、板金に対して圧力を加える役割を果たします。一方、下側の金型がダイです。パンチによる圧力を受ける役割を果たし、メス型とも呼ばれる金型です。

V曲げで用いられるベンダーは、このパンチとダイがV字型をしています。そのため、曲げrが小さくなり曲げ部分が比較的鋭利になるような加工方法になるのです。板金を曲げる原理はいたってシンプルで、ダイの上に板金を設置し、上からパンチでプレスすることによります。

しかし、実際には曲げ部分の品質と精度を保つためには様々な規制や限界があります。例えば、板金をダイに設置した際に、充分なV幅を確保できなければ正確な曲げ加工をすることはできません。V幅とは、ダイのV字部分の端から端までの距離のことです。適切なV幅は、基本的に製品や部品の材料である板金の板厚によります。板厚の他にも、加える圧力や最小曲げ半径など、V幅の選定に影響を与える要素はいくつかあります。
一般的には板金材料の板厚が目安にされますが、それもV曲げの種類によって変わってきます。基本的には、曲げrが小さくなるV曲げになればなるほど、V求められる幅が狭くなります。
一般的な目安にはなりますが、以下のようにV幅は選定されます。

曲げ加工法
  • エアベンド法
  • ボトミング法
  • コイニング法
V幅(mm) *t=板厚
  • V=12t
  • V=8t
  • V=5t

ベンダーを用いてV曲げをする際には、破損や腐食などの金型の状態に注意することが大切です。さらに、上記のV幅についても注意しながら曲げ加工をする必要があります。曲げ部分の精度・品質を保つためにはこれらのことは必須ですが、さらに注意すべき点がいくつかあります。その他、曲げ加工時に注意するべき点について説明していきます。

製作事例
曲げ加工の事例をもっと見る
V曲げの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。