スポット溶接のことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのスポット溶接の3つの特徴!
1.
スポット溶接等、板金溶接の豊富な実績!
溶接の事例をもっと見る
スポット溶接の事例をもっと見る
2.
スポット溶接を中心に幅広い材質を溶接!
加工法
  • MAG溶接/マグ溶接
  • TIG溶接/ティグ溶接
  • アーク溶接
  • ガス溶接
  • スタッド溶接
  • スポット溶接
  • ナット溶接
  • レーザー溶接
  • 抵抗溶接
  • 溶接
  • 溶着
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
スポット溶接を最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。
まずはお見積依頼から!

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

スポット溶接について詳しく解説!
スポット溶接とは

スポット溶接は、二枚の母材を重ね、一点を高い圧力で加圧しながら電流を流して溶接する溶接法です。抵抗溶接の一種であり、一般的に薄板の溶接に適用され、特に自動車などの大量生産において用いられている溶接です。簡潔にまとめると以下の特徴があります。
・熱影響が小さく溶接部の状態が良い
・比較的安価である
・自動化が容易
・作業効率が良い
・アルミや銅など電気をよく通す金属には大電流が必要

スポット溶接の用途(条件・板厚)

スポット溶接は、特に大量生産の現場で適用されています。機械による自動化が容易であり、安価に効率よく溶接ができるという特徴が生かされています。

溶接法
  • スポット溶接
  • TIG溶接
  • MAG溶接
  • MIG溶接
  • ガス溶接
  • レーザー溶接
特徴(材質・板厚 など)
  • ・薄板に適用
    ・多くの場合自動車や家電などの多量生産工場で適用
    ・アルミや銅など電気伝導率の高いものは大電流が必要
  • ・鉄・非鉄を問わず金属全般で溶接可能
    ・薄板から厚板まで、幅広く適用
  • ・鋼やステンレスなどの鉄鋼材料
    ・アルミニウムなどの非鉄金属は溶接困難
  • ・ほとんどが非鉄金属に適用
  • ・溶融点の低い金属の溶接に適する
  • ・ほぼ全てで溶接可能
    ・非常に薄い板の溶接が可能

スポット溶接は薄板全般において効率的で安価な溶接法として広く用いられていますが、スポット溶接が適するかどうかは材質の条件にもよります。
スポット溶接は加圧しながら一点に電流を集中的に流し、それにより発生する抵抗熱によって母材を溶かして溶接しています。そのため、母材は電流に対してある程度抵抗があり、発生した熱がその一点からすぐに逃げてしまわない必要があります。

つまり、母材に求められる条件として、
・電気抵抗率が高い(導電率が低い)こと
・熱伝導率が低いこと
という条件が求められます。

これらの条件に照らし合わせて、板金加工に用いられる主要な材質をみてみると、

材質
  • ステンレス(SUS)
  • アルミ
電気抵抗率(10−8)
  • 約72
  • 約10
  • 約1.5
  • 約2.8
導電率
  • 約13
  • 約100
  • 約61
熱伝導率
  • 約15
  • 約85
  • 約370
  • 約195

電気抵抗率が高く熱伝導率が低いという条件を満たしているステンレスや鉄はスポット溶接に適していますが、逆に条件を満たしていない銅やアルミニウムの溶接にはあまり適していないということがわかります。
ステンレスや鉄は効率よく溶接ができますが、銅やアルミニウムをスポット溶接する際は大量の電流を流す必要があります。

スポット溶接の強度・外観・条件

スポット溶接は「点」で溶接しているため、アーク溶接やレーザー溶接のように「線」で溶接している溶接法に比べて強度は多少弱くなります。
しかし、スポット溶接の強度は基本的にナゲット径に依存し、自動車にもスポット溶接が用いられていることからもわかるように溶接部の信頼性は低くありません。

溶接の外観は、加圧に使用した電極棒の跡がついたような感じになります。

スポット溶接の強度や品質は、以下の「4大条件」とも呼ばれる条件が大きく関わってきます。
1. 電流の大きさ
2. 通電時間
3. 加圧力
4. 電極の形状

これら4つの条件を使用する板金の材質や板厚に合わせて調整することが、スポット溶接の強度・品質を保つ上で大切です。それぞれの注意点としては、
1. 電流の大きさ
電流大きさが小さいと溶着が甘く強度が弱まる。大きすぎてもスパッタの飛散が大きくなる。
2. 通電時間
通電時間が長すぎると溶接部への熱影響が大きくなり、品質が低下する。
3. 加圧力
圧力が大きいほどナゲットが大きくなる。加圧力を大きくすると、引張せん断強さが低下する。
4. 電極の形状
電極の先端の形状によって電流の密度が決定する。電流密度が高いほど熱量が増大します。
などが挙げられます。

スポット溶接の仕組み

スポット溶接は、電極棒で加圧しながら電流を流すことにより2枚の板を溶着させる溶接法です。加圧状態のまま電流が流れることで抵抗発熱が生じ、その熱によって母材が溶け溶着するという仕組みです。
溶接部に生じた最大溶融部分をナゲットと呼び、ナゲット径はスポット溶接の強度に関与します。材質や板厚に合わせて、十分な強度が得られるようなナゲット径を確保することが必要になります。
スポット溶接の仕組みはシンプルであり、比較的容易な溶接法になります。

スポット溶接機(抵抗溶接機)

スポット溶接機の基本構造は、溶接電源・溶接ヘッド・溶接電極からなり、シンプルな構成となっています。
しかし、大きな板金や厚板を溶接する場合や、大電流を流す必要がある場合は大掛かりな溶接機になるとともに価格が高くなります。

溶接トランスという装置もよく用いられており、溶接電源から流れる電流を大電流に変換するための装置です。溶接ヘッドは母材への加圧力を調整するものであり、溶接電極によって圧力と電流が加えられます。溶接電極は母材の板厚や材質に合わせて変更し、溶接部の強度・品質を保つようにします。

製作事例
溶接の事例をもっと見る
スポット溶接の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。