MAG溶接/マグ溶接のことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのMAG溶接の3つの特徴!
1.
MAG溶接等、板金溶接の豊富な実績!
溶接の事例をもっと見る
MAG溶接/マグ溶接の事例をもっと見る
2.
MAG溶接を中心に幅広い材質を板金溶接!
加工法
  • MAG溶接/マグ溶接
  • TIG溶接/ティグ溶接
  • アーク溶接
  • ガス溶接
  • スタッド溶接
  • スポット溶接
  • ナット溶接
  • レーザー溶接
  • 抵抗溶接
  • 溶接
  • 溶着
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
MAG溶接を最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。
まずはお見積依頼から!

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

MAG溶接について詳しく解説!
MAG溶接/マグ溶接 とは

MAG溶接はアーク溶接法の一種であり、MAGとは”Metal Active Gas”の頭文字のことです。MAG溶接法は、溶接棒の代わりにコイル状に巻かれた溶接ワイヤーを電極として用いる溶接法になります。

MAG溶接/マグ溶接の特徴

MAG溶接の特徴として、外観としてはビード外観がよく、スパッタの発生量も少ないため比較的良質な溶接金属が得られる点があります。さらに、溶着速度が早く、母材への溶け込みが深いことから作業効率が非常に良い溶接法です。

MAG溶接法では母材を空気から守るためにシールドガスが用いられます。マグ溶接法で使用されるシールドガスは、炭酸ガス(CO2)を単独で用いる場合と、炭酸ガス(CO2)とアルゴンの混合ガスで用いる場合があります。
炭酸ガス(CO2)とアルゴンの混合ガスを用いる場合は混合ガスアーク溶接と呼ばれる溶接法になり、炭酸ガス(CO2)単独で用いる場合は炭酸ガスアーク溶接(CO2溶接)と呼ばれる溶接法となります。

マグ溶接は半自動溶接と呼ばれることもあり、溶接トーチの送給が自動的に行われます。溶接トーチへの送給が自動であり、溶接トーチの操作が手動になるため半自動溶接と呼ばれます。さらに、溶接トーチをロボットなどの機械装置に固定して溶接を行えば完全な自動溶接が可能になります。

さらに、マグ溶接はマグ溶接機の取り扱いが比較的容易であることもあり、広く普及している溶接法です。マグ溶接の原理や機械について詳しい情報は後半にあります。

MAG溶接/マグ溶接の用途

MAG溶接は主にステンレスなどの鉄鋼材料に使用されています。日本国内の鋼材のうち約7割がMAG溶接法で溶接されており、その業界は自動車・建築・造船など多岐に渡ります。

溶接法
  • MAG溶接/マグ溶接
TIG溶接
  • MIG溶接/ミグ溶接

MAG溶接は鉄鋼材料の溶接において非常に多く用いられていますが、その一方でアルミニウムやマグネシウムなどの非鉄金属は溶接することができません。
非鉄金属製品の溶接をしたい場合は、TIG溶接やMIG溶接(ミグ溶接)が適切な溶接法になります。

MAG溶接/マグ溶接のシールドガス・ワイヤー・パルスによる分類

MAG溶接/マグ溶接は細かく分類すると4種類に分類されます。まず使用されるシールドガスの種類で分類されます。炭酸ガス(CO2)とアルゴンの混合ガスを用いる混合ガスアーク溶接と、炭酸ガス(CO2)単独で用いる炭酸ガスアーク溶接(CO2溶接)の二種類です。
さらに、これらの溶接法がそれぞれ二種類に分類されます。混合ガスアーク溶接が、パルス電流を使用するか否かによって分類され、炭酸ガス溶接が使用される溶接ワイヤーの種類(ソリッドワイヤーとフラックス入りワイヤー)によって分類されます。

炭酸ガスアーク溶接(CO2溶接)

炭酸ガスアーク溶接は、MAG溶接のうちシールドガスに二酸化炭素を用いるもののことをいいます。

炭酸ガスアーク溶接には、使用するワイヤーがソリッドワイヤーとフラックス入りワイヤの二種類あります。ソリッドワイヤーは一般に広く用いられているワイヤーで、アークの安定性とトーチ内部のメンテナンス性が向上しています。

フラックス入りワイヤーはフラックスをワイヤー内部に入れることで、トーチの安定性とスパッタの減少、ビード外観の改善などを目的としています。

MAG溶接機/マグ溶接機

MAG溶接機は、溶接電源・溶接トーチ・ワイヤ送給装置・ガス供給系などで構成されています。MAG溶接機では、ワイヤ送給装置から自動的に溶接ワイヤが送られるようになっています。

MAG溶接機には、半自動溶接、つまりトーチを手動で扱う際にトーチを持つ手がブレてしまっても安定して溶接ができるような工夫がされています。溶接電源に定電圧特性電源、ワイヤ送給装置に定速送給方式が採用されていることによって、トーチ操作に多少の乱れがあった場合でもアーク長さが一定に保たれるようになっています。
 MAG溶接機による半自動溶接によって、溶接効率を大きく向上することになります。

製作事例
溶接の事例をもっと見る
MAG溶接/マグ溶接の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。