板金加工製品のボルト・ネジ接合ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのボルト・ネジ接合の3つの特徴!
1.
ボルト・ネジ接合の豊富な加工実績!
組立の事例をもっと見る
ボルトの事例をもっと見る
2.
幅広い材質にボルト・ネジ接合!
加工法
  • カシメ
  • ボルト
  • リベット結合
  • 圧入
  • 金具
材質
  • アルミ
  • ステンレス/SUS
  • パイプ・アングル
  • 樹脂・板プラスチック
  • 鉄/鉄板
  • 銅・真鍮
3.
ボルト・ネジ接合を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
キャディ独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

ボルト・ネジ接合を詳しく解説!
ボルト・ネジ接合とは

ボルト・ネジ接合とは機械的接合の一種であり、タップ加工を施した穴を開けた金属板同士を重ね合わせ、タップ穴にボルトまたはネジを利用して接合する加工方法です。ボルト、ネジには長さや径の大きさ、タップ目のピッチなどが違ういくつもの規格があり、それぞれの結合強度や板厚に応じて使い分けられます。ボルト・ネジによる接合には最低でも3周ほどネジ山が回るくらいのタップ加工ができることが必要となります。板厚は薄いが、径の大きいボルト、ネジを利用したいときはバーリング加工やナットを溶接して取り付ける等の対策をすることでかのうになります。

ボルト・ネジ接合の特徴

ボルト・ネジ接合の特徴は取り外しがなんどもできることです。他のリベット結合や溶接は簡単に取り外すことは難しいですが、ボルト・ネジは手作業でも簡単に取り外し、取り付けが可能なため私たちの身の回りでも多くの箇所で用いられています。一方で大きい製品にはたくさんのボルト・ネジが必要になるためそのぶん作業時間も多くなります。また、ボルト・ネジの頭部分は突き出してしまい段差ができるため少しでも低減するために皿穴加工などを施すこともあります。塗装が必要な際に穴のタップ加工を施す場合は先に塗装を施すと塗装はハゲてしまう、またタップ加工の後に塗装を施す場合は膜厚によって穴の大きさが変わってしまいボルト・ネジが入らなくなってしまう可能性も生じます。この場合、設計の際にマスキングの指示などをして膜厚の影響を受けないように配慮する必要があります。

製作事例
組立の事例をもっと見る
ボルトの事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。