A6063の板金加工ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのA6063の板金加工の3つの特徴!
1.
A6063等、アルミの板金加工の豊富な実績!
アルミの事例をもっと見る
A6063の事例をもっと見る
2.
A6063を薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
-
0.8 ~ 1.0mm
-
1.1 ~ 1.5mm
-
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
6.1 ~ 9.0mm
9.1mm ~
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
A6063の板金加工を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
キャディ独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00~18:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00~18:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

6000系の代表規格であるA6063について徹底解説
この記事のポイント
A6063とは

A6063はアルミにマグネシウム(Mg)とシリコン(Si)を添加したアルミ6000系の合金になります。A6063はマグネシウムとシリコンを添加しているため、加工性と耐食性の高さが特徴として挙がります。一方で、溶接の継手効率が低い一面も持っています。そのため、加工性の高さを活かして精度が必要なL字アングル、チャネルに利用されます。また溶接の継手効率の低さを補うためにリベット、ボルトを利用して構造組立を行います。

A6063の特徴

A6063の特徴として加工性、耐食性、溶接の継手効率の低さが挙げられます。

-加工性
A6063は押出加工性がよいため、高精度かつ高品質な製品を作ることが出来ます。
そのため、A6063は加工が必要なL字アングルやチャネルに使用されています。

-耐食性
A6063の特徴の1つとして耐食性が挙げられます。
耐食性とは金属がどの程度錆びやすいのかを示す指標になります。例えば、耐食性が低い場合は錆びやすい金属、耐食性が高い場合は錆びにくい金属と言えます。
アルミニウムは、酸素と結びつきやすい性質を持っていて、それによってアルミニウム表面に薄い酸化被膜が出来ます。この酸化被膜によって金属の腐食が守られることで、アルミは高い耐食性を維持しています。またアルミニウムの純度が高いものほど、自然に均一な酸化被膜をつくることが出来ます。

-溶接の継手効率の低さ
アルミであるA6063の場合、表面を覆っている酸化アルミニウム(アルミナ)が原因で十分な強度で溶接されない場合があります。仮に表面に付着したアルミナを除去せずに溶接を行うと、溶解池表面に酸化膜が浮いたり、酸化膜の巻込みが生じ、溶接性が悪くなります。加えて、アルミの長所である熱伝導性の関係で、溶接箇所だけでなく周辺部位まで熱で強度低下が起きてしまいます。その結果として溶接の継手効率が低くなり、A6063を溶接する場合はビス、リベット、ボルト結合による構造組み立てが行われる傾向にあります。

A6063を選定する時のポイント

材料選定は「品質 (Quality)」、「コスト (Cost)」、「納期 (Deliverry)」のQCDの3軸を同時に達成されるようにすることが肝要です。
多くの場合最初の判断基準は軽さです。軽さが必要な場合はアルミニウム材料やプラスチック材料を使うことになるので、A6063は当てはまります。その次の判断基準は用途でしょう。ここで板金が必要な場合や耐摩耗性、耐食性が必要な場合アルミは適した素材といえます。
特に、汎用材を用いたい場合にA6063とA5052が第一候補に挙がります。さらにA6063は押出し加工性に優れているため、Lアングルや凹型のチャネルやパイプなど、様々なバリエーションが揃っているので、こうした形状を活かせる場合にはA6063を検討します。

A6063の性質

A6063はアルミの中では、強度が強いため引張り強さ185(N/mm^2)、降伏点145(N/mm^2)を誇っています。

  • 引張強さ(N/mm^2)
  • 降伏点(N/mm^2)
  • 伸び(%)
  • ブルネル硬さ(HBS)
  • 溶解温度範囲(℃)
  • 導電率(IACS.%)
  • 熱伝導(KW/(m•℃))
A6063
  • 185
  • 145
  • 12
  • 60
  • 615〜655
  • 55
  • 0.21

A6063はAl-Mg-Si系のアルミ合金であるため、MgとSiの含有率が高いです。

化学成分(%)
  • Si
  • Fe
  • Cu
  • Mn
  • Mg
  • Cr
  • Zn
  • Ti
  • Al
A6063
  • 0.4
  • 0.7
  • 0.15
  • 0.15
  • 0.8
  • 0.04
  • 0.25
  • 0.15
  • 残部
A6063の使用用途

A6063は高い耐食性と複雑な断面形状を作り出すことが可能なことから、アルミサッシをはじめとする建築物の内外装用材として使用されています。

製作事例
アルミの事例をもっと見る
A6063の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・
曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で
東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00~18:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00~18:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の3つの強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。