SUS304-鏡面のことならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのSUS304-鏡面の板金加工の3つの特徴!
1.
SUS304-鏡面等、ステンレス板金加工の豊富な実績!
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
SUS304-鏡面の事例をもっと見る
2.
SUS304-鏡面を薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
0.8 ~ 1.0mm
1.1 ~ 1.5mm
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
6.1 ~ 9.0mm
9.1mm ~
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
SUS304-鏡面の板金加工を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
キャディ独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

SUS304-鏡面について詳しく解説!
SUS304-鏡面材とは

SUS304-鏡面とは、ステンレスの鏡面仕上げ材のことです。
鏡面仕上げとは、仕上げ・研磨加工の一種であり、ステンレスやアルミなどの板金表面をバフによって研磨し光沢を強める表面仕上げです。

バフ研磨と鏡面仕上げの違いは、簡潔に説明するとステンレスの光沢度合いの違いになります。鏡面仕上げは、ステンレス表面がまるで鏡であるかのように光沢及び反射率が強くなります。

研磨に用いられるバフによって、ステンレス表面の光沢度合いが異なります。400番バフよりも600番バフ、600番バフよりも800番バフを用いて研磨したほうが光沢が強くなります。

ステンレスの鏡面材は、研磨に用いられるバフによって分類されます。400番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#400、600番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#600、800番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#800というように規格表示されます。

800番バフを用いて研磨されたSUS304-#800までになると、鏡のような鏡面材といえます。


ステンレスは製品の表面部分に用いられ、この鏡面仕上げがなされることが比較的多いため、母材の段階から上記の鏡面仕上げがなされているステンレス材が流通しています。あらかじめ研磨がされているステンレス材のことを、一般的にステンレスの鏡面材といいます。
ステンレスの仕上げ材には、鏡面材の他にもヘアライン材などが挙げられます。

ステンレスの鏡面材を用いることによって、ステンレス材を鏡面仕上げする加工コストを浮かせることができます。

SUS304-鏡面材の対応板厚

ステンレスの鏡面材は、ステンレスの代表ともいえるSUS304が用いられます。SUS304はステンレスの中でも特に加工性に優れ、ステンレス製品の材質規格として頻繁に用いられています。
SUS304-鏡面材の対応板厚は、以下のようになります。

SUS304-鏡面材の板厚
加工
  • ~0.7mm
  • 0.8mm~1.0mm
  • 1.1mm~1.5mm
  • 1.6mm~3.2mm
  • 3.3mm~6.0mm
  • 6.1mm~9.0mm
  • 9.1mm~
製作事例
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
SUS304-鏡面の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。