SUS316の板金加工はキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのSUS316の板金加工の3つの特徴!
1.
SUS316等、ステンレスの板金加工の豊富な実績!
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
SUS316の事例をもっと見る
2.
SUS316を薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
0.8 ~ 1.0mm
1.1 ~ 1.5mm
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
6.1 ~ 9.0mm
9.1mm ~
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
SUS316の板金加工を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00~18:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00~18:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

SUS316について詳しく解説!
SUS316とは

SUS316はクロム(Cr)-18%、ニッケル(Ni)-12%、モリブデン(Mo)-2.5%を添加したステンレス鋼です。SUS304と同様に磁性のないオーステナイト系ステンレスに分類される鋼種であります。SUS304などと比べると市場流通性は少なく、価格もやや高い材料となっております。特徴としてはSUS304よりも耐食性が良いことが挙げられ、船舶部品や薬品タンクなど耐食性が求められる製品によく使われます。

SUS316・SUS316L ・SUS304 の特性比較

◆SUS316

SUS304よりも耐食性に優れています。Crが18%含まれているため、SUS30と同じく不動耐被膜を持ち、かつ被膜に切れ目が入ったとしても自ら被膜を作り出すことがが可能です。またクロムが被膜を生成できない環境下、主に海水などの高濃度の塩酸溶液下でもモリブデンを有しているため、自ら被膜を生成し、錆を防ぐことができます。

◆SUS316L

SUS316LのLはLower Coarbonのことを指し、SUS316よりも低炭素鋼材です。そのため焼鈍状態での硬化加工性に優れている、耐粒界腐食性に優れている、また冷間加工性を含めた耐食性に優れている、という特徴があげられます。

◆SUS304

オーステナイト系ステンレスに分類され、ステンレスの中で最も使われているステンレスと言われている。クロムが11%含まれている場合、不動耐被膜を自ら生成できるため、錆に強いです。
しかし熱膨張しやすく、硬く、粘り気があるため、切削加工がしにくいという特徴があります。

化学成分表

SUS316・SUS316LにはSUS304には含まれてないモリブデンが含まれております。このモリブデンはSUS316に耐食性に大きな影響を及ぼします。SUS304を代表とするステンレス鋼は酸化被膜(不動態被膜)が表面を覆うことに錆の進行を防いでいます。鋼中のクロム(Cr)により不動態被膜は自己修復能力があるため被膜が破れても再生することができます。SUS316の場合はクロム(Cr)に加え、モリブデン(Mo)も不動態被膜を形成する成分であり、モリブデンの不動態被膜の緻密さはクロムの約三倍と言われています。通常の使用環境であればSUS304程度の耐食性でも大丈夫ですが、海水などの塩化物環境下ではSUS316の耐食性が必要になります。ただ、SUS316は硝酸環境などの酸化性酸環境においては耐食性が劣ってしまうため、SUS304のほうが優れた耐食性を示します。

化学成分
  • SUS316
SUS316L
  • SUS304
C
  • 0.08以下
0.08以下
  • 0.08以下
Si
  • 1.00以下
1.00以下
  • 1.00以下
化学成分
  • SUS316
SUSU316L
  • SUS304
Ni
  • 10.00~14.00
12.00~15.00
  • 8.00~10.50
物理的性質

SUS316はSUS304と同じオーステナイト系のステンレスのステンレスのため、磁性はありません。比熱はSUS304<SUS316<SUS316Lの順に高くなっています。それにより、保温性や、熱を加えたときに影響を受けやすい耐粒界腐食性が高くなります。

  • SUS316
SUS316L
  • 密度(g/cm³)
8.03
  • 8.03
比熱(J(kg・K))
  • 502
600
  • 熱膨張係数 (W/(m・K))
16.3
  • 16.3
  • SUS316
SUS316L
  • 磁性
機械的性質

SUS316の耐力はSUS304と同程度ですが、SUS316Lは少し劣ります。また引張強さにおいても、ニッケルを少し減らしているため、SUS316LはSUS316と比較して劣ります。

  • SUS316
SUS316L
  • 耐力(N/mm²)
205以上
  • 175以上
引張強さ(N/mm²)
  • 520以上
480以上
  • 伸び(%)
主な加工に使われる形

JIS規格が定めるSUS316 (またSUS316L, SUS304, SUS304Lと合わせて) の板(フラットバー)と丸棒をそれぞれ、JISG4304・JIS G 4303と呼び、アメリカのASTMではA240もしくはA167と呼ばれます。

その他ステンレスとの比較 (SUS430、SUS303、SUS310S)

・SUS430
SUS316と違い磁性を持つ。フェライト系に分類され、SUS316>SUS304>SUS430と耐食性が劣る。安価なことから家庭用キッチンシンクなどに使われることが多い。

・SUS303
SUS304に硫黄を足すことで、切削性を高めたステンレス鋼材。加工がしやすい反面、耐食性がSUS304、SUS316に劣る。

・SUS310S
ステンレス鋼の中でかなり熱に強い規格。耐熱性はSUS316よりも高く、その分価格も一般的に高価である。

SUS316 の規格
外国規格表
日本工業規格
  • JIS
  • SUS316
SUS316L
  • 国際規格 ISO 15510
ISO
4401-316-00-I
  • 4404-316-00-I
外国規格
  • 欧州規格
日本工業規格
  • JIS
  • SUS316
SUS316L
  • 外国規格
製作事例
ステンレス/SUSの事例をもっと見る
SUS316の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00~18:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00~18:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の3つの強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。