SECCの板金加工ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのSECCの板金加工の3つの特徴!
1.
SECC等、鉄/鉄板の板金加工の豊富な実績!
鉄/鉄板の事例をもっと見る
SECC/ボンデ鋼板の事例をもっと見る
2.
SECCを薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
0.8 ~ 1.0mm
1.1 ~ 1.5mm
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
6.1 ~ 9.0mm
9.1mm ~
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
SECCの板金加工を最短2時間スピード見積り!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

SECCについて詳しく解説!
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)とは

SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)とは、

・SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)
・SGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)

に分類される鋼板に亜鉛メッキの表面処理を施した鋼板の1種類になります。亜鉛メッキが施された鋼板の流通量は表面処理鋼板の中でも高いシェアをもち、その中でもSECC(電気亜鉛鋼板)は最も流通量が多い鋼板です。通称ボンデ鋼板などと呼ばれることが多いですが、この呼び名は新日本製鉄が最初に製造・販売した電気亜鉛メッキ鋼板の商品名です。他にもリバージング(川崎製鉄)、コウベジンク(神戸製鋼)、スミジンク(住友金属工業)、ユニジンク(日本鋼管)などそれぞれの商品名がつけられています。

SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)はその名の通り、鋼板に電気亜鉛メッキを施した材質になります。電気亜鉛メッキとはメッキ加工する際に電気を用いる電気メッキの一種です。
亜鉛メッキ鋼板は、製品や部品表面に亜鉛を析出させることによって亜鉛が持つ機能や特性を付与する表面処理加工法である亜鉛メッキ加工を鋼板に施した材質のことを言います。
亜鉛メッキ加工による亜鉛皮膜はその防錆効果が高く評価されています。主に鉄製品に用いられるメッキで、鉄の錆を防ぐことを目的としてメッキされます。
さらにメッキ加工の後に表面をリン酸塩皮膜処理と呼ばれる表面処理を施します。このリン酸亜鉛皮膜処理によりリン酸亜鉛、リン酸塩の微小結晶を形成し、金属そのものを防錆します。

電気亜鉛メッキの特徴と用途

まず、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)の特徴は高い防錆効果です。
鉄を材質とする鉄製品は、鉄の性質により腐食しサビが生じてしまいます。鉄製品が腐食した場合、外観が損なわれることはもちろんですが、その強度や耐久力も低下してしまいます。
そこで亜鉛メッキに代表される防錆メッキを施した表面処理材を用います。亜鉛をメッキすることで、鉄が亜鉛に覆われて耐食性が向上します。
また、表面に傷がついて材質の鉄が露出してしまった場合、露出した鉄がサビてしまう前に亜鉛が溶け出し、再度鉄を覆います。この仕組みを亜鉛の「犠牲陽極作用」や「犠牲防食」などと称しますが、これによって亜鉛メッキは高い防錆効果を誇るのです。

電気亜鉛メッキは、膜厚が薄く均一にメッキすることができるためSECC(電気亜鉛メッキ鋼板)は外観が比較的美しいという特徴があります。また、表面が均一であることから塗装性が高く、塗料がのりやすいという特徴もあります。そのため、上記の防錆効果に加えて装飾目的でも用いられることが多いです。
普通、メッキ処理された鋼板は皮膜によりはじかれてしまうためうまくできないことが多いですが、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)では皮膜が薄いことから溶接も特に問題なく施すことができます。
また、製造の際にメッキ工程では加熱を行わないため、元の鋼板の材料特性を強く反映します。

SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)とSGCC(溶融亜鉛メッキ)の違い

SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)とSGCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)はメッキ加工の原理によって分類されています。
電気亜鉛メッキは電気を用い、溶融亜鉛メッキは電気を用いずに加工するという違いです。

2つのメッキの特徴の違いとして、膜厚が異なります。電気亜鉛メッキは、薄い皮膜を均一にメッキすることができる一方で、溶融亜鉛メッキは膜厚が厚くなります。一般的に耐食性は膜厚が厚いほど高くなるため、素材の防錆効果という点では溶融亜鉛メッキの方が優れていると言えます。
ただし、電気亜鉛メッキの方が均一なメッキが可能であり外観が綺麗になります。
そのため、装飾メッキとしての電気亜鉛メッキ・防錆メッキとしての溶融亜鉛メッキということができます。

鉄材質の種類
  • SGCC(溶融亜鉛メッキ)
  • SECC(電気亜鉛メッキ)
膜厚
  • 約50〜100µm
  • 約2〜25µm
特徴
  • 非常に高い耐食性
  • 均一なメッキが可能
電気亜鉛メッキのクロメート処理

亜鉛メッキは、亜鉛皮膜自身が酸化されやすいという特徴があります。そのため、亜鉛メッキ加工後に化成処理を施す必要があります。クロメートが用いられるため、この化成処理のことをクロメート処理と言います。
使用されるクロメートによって、亜鉛メッキの特徴に影響があります。主に使用されるクロメートとして、

・3価クロメート
・光沢クロメート(ユニクロメッキ)

が挙げられます。

3価クロメートは、耐食性はもちろんのこと、傷にも強く耐熱性が高い化成処理です。
ユニクロメッキは、クロメート処理の中でも光沢クロメートに分類されるものです。光沢があり外観が綺麗であるが、耐食性が少し劣るという特徴があり、主に装飾目的で用いられる化成処理です。
その他にも黒色クロメートなどがあり、化成処理によって色や光沢などの外観がある程度左右されます。亜鉛メッキは基本的にこのクロメート処理と合わせて製品に適用されます。

製作事例
鉄/鉄板の事例をもっと見る
SECC/ボンデ鋼板の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。