SS400の板金加工はキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのSS400の板金加工の3つの特徴!
1.
SS400等、鉄の板金加工の豊富な実績!
鉄/鉄板の事例をもっと見る
SS400の事例をもっと見る
2.
SS400を薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
-
0.8 ~ 1.0mm
-
1.1 ~ 1.5mm
-
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
6.1 ~ 9.0mm
9.1mm ~
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
SS400の板金加工を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

SS400について詳しく解説!
SS400とは

SS400とは一般構造用圧延鋼板(SS材)の一種です。SSとはSteel Structureの頭文字から取っており、SSの後に続く400という数字は引張り強さの最小保証値(N/mm^2)を示しています。SS400の場合は400〜510N/mm^2の範囲の引張り強さを保証する材料になります。以前はSS400をSS41と示していましたが、これは旧JIS記号の単位が(kgf/mm^2)であったためこのように表していました。SS400の他にはSS330やSS490、SS540等の種類がありますが、実務では基本的にSS400が用いられます。SS400には平板材(プレート)の他に棒材や形鋼(H形、L形など)などが流通しており、汎用性が高く、材料が手に入れやすい、価格が安いため広く一般的に使用されています。

SS400の特徴と用途

この材料の特徴の1つとして、化学物質の規定がほとんどないことが挙げられます。有害物質であるリン(P)と硫黄(S)の上限規定はされていますが、それ以外の化学物質には規定がなく、引張り強さが400〜510N/mm^2で保証されていれば成分は自由になっています。そのためSS400に求められるのは機械的性質のみになります。
SS400の炭素含有量については、規定はありませんが400〜510N/mm^2の引張り強さを保証するため0.15〜0.2%前後の炭素を含んでいるものが多いです。このように底炭素のため低炭素鋼(軟鋼)といえます。底炭素であるためばらつきはあるものの硬度は高くありません。一方で加工性には優れていると言えます。
また化学成分が規定されていないため溶接性は保証されていませんが、通常良好な溶接性になっています。

SS400の黒皮材とミガキ材

SS400には大きく黒皮材とミガキ材の二種類があります。SS400はキルド鋼を熱間圧延して製造しており、熱間で製造していることから圧延後にはミルスケースと言われる酸化皮膜が表面を覆っています。このミルスケールの色が黒く黒皮と呼ばれ、ミルスケールで覆われたままのSS400は黒皮材と呼ばれます。このミルスケール(黒皮)はブラストなどで落とすことができ落とすと元の灰色に戻ります。これはミガキ材と呼ばれます。

使い方における違いとして、SS400の黒皮材は製造現場など外観が求められない現場で用いられることが多いです。一方で、サンセンやミガキ材のSS400は、そのままでは錆びてしますため塗装やめっきなどの表面処理がなされることが多くなります。

SS400とSPCCの違い

SS400とSPCCは共に鉄を主とした板材であり、代表的な鉄鋼の規格材料と言えます。この2つの規格の大きな違いとしてはSS400は熱間圧延鋼板であり、SPCCは冷間圧延鋼板であることや、製造工程が違うことがあります。SS400はキルド鋼から製造しますが、SPCCはスラグから製造されたSPHC(熱間圧延鋼板)を冷間圧延加工して製造されています。SPCCは温度一定条件下での圧延であることからSS400に比べ表面は綺麗に仕上がります。SS400は一般構造用圧鋼板であることからSPCCに比べ板厚が厚い規格が多く、薄板はSPCCの使用が一般的となります。用途としては特に曲げ加工などの板金加工のみの加工ではSPCC、機械加工が必要なものはSS400が使用されますが、板金加工のみの加工でも板厚が厚くなるとSS400が使用されることもあります。

SS400とS45Cの違い

S45Cとは機械構造用炭素鋼鋼材の一種でであり、SS400と同じ鉄鋼であるためよく似た材料です。しかし、よく見てみると化学成分や機械的性質に違いがあります。
S45CはSはSteel(鋼材)、CはCarbon(炭素)の頭文字で、SとCの間にある45という数字は炭素含有量区分(炭素含有量(%)の100倍の数字)を示します。つまり、S45Cは炭素を0.45%前後含んでいることを表しています。SS400は引張り強さが400〜510N/mm^2で保証されていますが、成分は規定されていません。また、SS400の炭素量は通常0.15〜0.20%程度であり低炭素鋼と呼ばれ、S45Cのほうが炭素量が多くなっているので強度、硬度ともにSS400より高くなっています。一方で加工性はSS400の方が良好で、値段も安価です。
以上のことから、強度が必要な部材にはS45Cを用い、それほど強度が必要でない部材にはSS400が用いられます。

製作事例
鉄/鉄板の事例をもっと見る
SS400の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。