C2801の板金加工ならキャディにお任せください!

薄板から厚板まで、1個から量産まで。
お見積りは1営業日で回答。
高品質・短納期・低価格の板金加工は
キャディへご相談ください。

最短2時間で回答!

無料でお見積を依頼

キャディのC2801の板金加工の3つの特徴!
1.
C2801等、銅・真鍮の豊富な実績!
銅・真鍮の事例をもっと見る
C2801の事例をもっと見る
2.
C2801を薄板から厚板まで、一貫加工!
対応板厚
~ 0.7mm
0.8 ~ 1.0mm
1.1 ~ 1.5mm
1.6 ~ 3.2mm
3.3 ~ 6.0mm
-
6.1 ~ 9.0mm
-
9.1mm ~
-
加工法
  • カット・穴あけ
  • めっき/メッキ
  • 仕上げ・研磨
  • 印刷・刻印
  • 塗装
  • 成形加工
  • 曲げ加工
  • 溶接
  • 組立
3.
C2801の板金加工を最短2時間スピード見積!
業界最速。
特許
出願中

最短2時間のスピード見積!
弊社独自開発のシステムを用いて、お見積依頼から最短2時間、原則即日で担当オペレーターから回答いたします。

最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

C2801について詳しく解説!
C2801(真鍮)とは

C2801は真鍮の中でも最も一般的な材料であり、銅合金の中でもよくつかわれる材料の一つです。真鍮は銅(Cu)と亜鉛(Zn)の合金で、銅(Cu)60%と亜鉛(Zn)40%の比率の真鍮がC2801です。他にも銅(Cu)70%と亜鉛(Zn)30%の比率の真鍮をC2600、銅(Cu)65%と亜鉛(Zn)35%の比率の真鍮をC2680といいます。銅の比率が60%を下回るともろさが出てくるため60%以上の合金になっています。多くの特徴をもっているためさまざまな製品に利用されています。特に抜き打ちや折り曲げ等の板金加工用としてよく用いられます。

C2801(真鍮)の特徴

なんといってもC2801(真鍮)の特徴のひとつはその見た目の美しさです。金色の美しい光沢を放つことから黄銅とも呼ばれます。真鍮は銅と亜鉛の比率によって材料の色が変わり、銅(Cu)60%と亜鉛(Zn)40%の比率のC2801が一番きれいな色をしていると言われています。
外観の良さの他にも電気伝導性が良い、強度が優れている、展延性が良い、加工性に優れているなど多くの特徴があります。特に電気伝導性は合金の中でも最も優れており、その特徴を生かしたコネクターやコンセントなどの製品にもよく使われます。強度について、純銅はそれほど強くありませんが亜鉛を添加することにより強度が増していきます。また、冷間加工によって強度が著しく増加するという特性もあります。一方で、強度が増すと脆性が増すため注意が必要です。加工性は極めてよく鋳造性、被削性も優れ、他の銅合金と比較して安価なため、板材の他にも棒、管などの加工材としてもよく使用されています。

製作事例
銅・真鍮の事例をもっと見る
C2801の事例をもっと見る
最短2時間見積回答!

鉄・アルミ・ステンレス等をカット・曲げ・溶接から塗装・メッキまで一貫加工。
業界No.1のスピード見積・低価格で東京・大阪を中心に全国配送!

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-19:00(月・金)

050-5212-3671
customer@caddi.jp

受付時間
9:00-19:00(月~金)

希望の材質・加工法がない方:
追加した際にお知らせ致します。

弊社の強み

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。

製品お届け
までの流れ

全国1,000社以上の企業から選ばれるのには
理由があります。