エポキシ樹脂塗装の基礎知識

エポキシ樹脂塗装の基礎知識

目次
  1. エポキシ樹脂粉体塗装とは
  2. エポキシ樹脂粉体塗装の特徴
  3. キャディ株式会社の製品事例

エポキシ樹脂粉体塗装とは

エポキシ樹脂粉体塗装とは、粉体塗料のうちエポキシ樹脂を主成分とした塗料を用いた塗装法です。粉体塗料とは固体状の塗料であり、金属表面に密着したのち乾燥することで塗膜を形成します。

エポキシ樹脂粉体塗装は、溶剤を一切含んでいません。そのため、有害成分を発生することなく塗装加工をすることができます。一般的な塗料には溶剤が含まれており、溶剤が揮発する際の有害成分による公害や衛生的問題に配慮する必要があります。

エポキシ樹脂粉体塗装の特徴

エポキシ樹脂粉体塗装で用いられているエポキシ樹脂の特徴として、密着性が比較的高いという面があります。塗装で用いられるその他の樹脂と比較しても、エポキシ樹脂の密着性は高く、固体状の粉体塗装においても同じことが言えます。

また、エポキシ樹脂は高分子樹脂であるため、塗膜性能が向上します。エポキシ樹脂の場合は特に耐水性や防錆効果などの機能が高くなっています。

さらに、エポキシ樹脂粉体塗装は焼付塗装がなされます。焼付塗装とは、塗膜を乾燥する工程の際に高熱を加えて乾燥させる方法です。焼付塗装をすることによって、塗膜の硬度や密着性が向上します。そのため、エポキシ樹脂粉末塗装による塗膜は比較的硬く、着色だけでなく耐摩耗性や耐食性などの機能も果たしているといえます。

粉体塗料に共通する最大の特徴として、塗膜の硬さがあげられます。粉体塗装は固体樹脂を顔料とともに金属表面へ直接付着させる表面処理加工であるため、液状塗装に比べて比較的硬い塗膜を形成することができます。

さらに、粉体塗装ならば1回の塗装加工で約100ミクロンほどの塗膜を形成することができます。溶剤塗装による塗膜の膜厚に比べて、約5倍の厚さになります。粉体塗装による塗膜は、硬度が高く膜厚も厚いため耐久性が高い塗膜であるといえます。

また、粉体塗装は防錆効果も高い塗装です。膜厚が厚いこともあり、金属表面と空気を遮断する役割を担います。そのため、板金加工製品から自動車の部品まで、幅広い用途で用いられている塗装です。

キャディ株式会社の製品事例

キャディ株式会社ではエポキシ樹脂塗装を含む、様々な塗装に対応しております

▶ 塗装の製品事例を詳しくみる

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら