ポリプロピレンについて解説

ポリプロピレンについて解説

ポリプロピレンとは

ポリプロピレンとは、プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂の1種です。ポリプロピレンは非常に軽いことと加工性が高いことから、一般家庭で使用される身の回りのさまざまな製品に使用されています。例えば、パッケージデザインの素材、電化製品、フィルムやシートがポリプロピレンが使用されている製品の代表例として挙げられます。

ポリプロピレンの特徴

ポリプロピレンの特徴を長所、短所の2観点で解説していきます。

長所

・プラスチックの中で最も比重が小さい(0.9〜0.91)
・耐熱性が比較的良好
・機械的強度(引張り強度、圧縮強度、衝撃強度)が優れている

短所

・耐光性がほとんどない
・耐摩耗性があり、表面硬度も高い

ポリプロピレンの成形方法について

樹脂の加工法は主に3種類あり、内訳は「射出成形」、「押出成形」、「圧縮成形」です。ポリプロピレンの場合、さまざまな加工方法に適したプラスチックであるため主要な「射出成形」、「押出成形」に加えて「ブロー成形」や「真空成形」にも適しています。このように多くの製法に適応させるために、ポリプロピレン内の分子量を調整しています。分子量の指標には、MFRと呼ばれる熱可塑性樹脂の溶融時の流動性を示す数値が利用されています。MFRが高い場合、溶けたポリプロピレンが流れやすいので金型内に留まりやすく高圧ポンプで押し出しがスムーズに行えるため、「射出成形」が適しています。

ちなみに「射出成形」はペレットに熱を加えて溶かしたプラスチックを金型に流し込み、金型で冷却して固定した後、取り出します。大量生産に向いている成形方法です。

一方でMFRが低い場合、溶けた樹脂が樹脂が垂れにくいため、ロールなどを使う「押出成形」が適しています。

またMFRMFRは加工方法を決める際の指標だけでなく物性を決定する指標でもあり、MFRを高くしすぎると耐衝撃性などの物性が低下します。そのため製作するものの機能と形状によって分子量を調整する必要があります。

ポリプロピレンとポリエチレンの比較

ポリプロピレン(PP)とポリエチレン(PE)は共通点が非常に多いため、共通点と相違点を解説していきたいと思います。

共通点

・絶縁体である
・誘電率が低い
・耐熱性が低い(ポリプロピレン:130℃/ポリエチレン:70-90℃)
・無味、無臭、無毒である
・融点がポリプロピレンの方が高い(ポリプロピレン:/ポリエチレン:)

相違点

・ポリプロピレンは硬く、ポリエチレンは軟らかい
・耐候性の観点で、ポリプロピレンがポリエチレンよりかなり低い
・融点はポリプロピレンの方が高い(ポリプロピレン:/ポリエチレン:)
・熱変形温度はポリプロピレンの方が高い(ポリプロピレン:60-65℃/ポリエチレン:30-50℃)

ポリプロピレンの用途

ポリプロピレンは、買い物袋やポリタンク、ポリバケツに利用されます。

キャディでの取り扱い

キャディ株式会社は、樹脂の対応を行っております。
以下のページでは製作事例もご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

▶︎ 樹脂の製作事例

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら