圧入について解説

圧入について解説!

目次
  1. 圧入とは
  2. 圧入の必要性
  3. 圧入の方法

圧入とは

圧入とは鉄やアルミ、ステンレスなどの金属に対してネジやビス、スペーサーを加圧によって取り付ける加工のことを言います。組み立て作業や配線作業をしやすくするために圧入加工を施し板金を固定します。圧入はピンの成形やシャフトと円盤上部品の接合に利用されます。接合する部品としては、圧入する際に均一に力を加える必要があるため円形のものが多いです。

圧入の必要性

圧入は主にピンの整形やシャフトと円板状部品の接合に利用されますが、この形状を切削加工や鍛造加工などで成形しようとすると、加工性は難しくや金額も高い、加工時間も長くなってしまいます。そのような場合、圧入加工による成形が有効になります.

圧入の方法

圧入はねじ固定やカシメなどと同様、機械的接合のひとつです。加工法としては圧入法という名前の通り、接合したい部品同士を押し込んで接合する加工法です。押し込んだ部品と受けた部品の接合部に圧力が生じ部品同士は接合します。

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら