機械加工の基礎知識

機械加工の基礎知識

目次
  1. 機械加工とは

  2. 機械加工の種類

  3. 板金加工と機械加工の違い

機械加工の種類

機械加工は大きく「切削加工」と「塑性加工」に分けられます。以下ではそれぞれの特徴や種類についてご紹介いたします。

切削加工

切削加工とは、文字通り金属を削ったり、穴をあけたりする加工法です。加工時に加工の対象物自体を回転させて加工する「旋削」と、対象物を固定して機械の工具部分を回転させて加工する「転削」の2つに分けられます。

旋削

旋削は旋盤加工によって行われ、旋盤加工には主に普通旋盤・正面旋盤・立て旋盤・NC旋盤が挙げられます。鉛筆削りのように加工対象物自体を動かすことで丸形状を作る加工法と言えます。

転削

転削は主にフライス加工で行われ、主に立てフライス盤(汎用フライス盤)・横フライス盤・NCフライス盤・マシニングセンタが使われます。旋盤と違いフライス加工は角形状のものを作る加工法です。

塑性加工

塑性加工とは、材料の塑性を利用して行われる加工法です。塑性とは、通常材料に力を加えると反発で圧が加わった形からもとに戻ろうとしますが、一定以上の力が加わるとそのままの形から戻らなくなります。この性質を塑性と呼びます。この塑性を利用し、大きな力を加えることで変形するため、比較的材料ロスが少ないといわれています。

また板金加工の一種でもある、「曲げ加工」もこの塑性加工には含まれています。

板金加工と機械加工の違い

この2つはともに金属加工の一種であり、また板金加工は機械加工の一種と言われることもあります。しかし大きく分けて板金加工と機械加工、特に切削加工を分けると、

1枚の板から目的の加工品を作ることを板金加工

1つの金属の塊を削ることで加工品を作ることを機械加工

と呼びます。そのため機械加工品は3Dのものが多く、2D的なものが多い板金よりも複雑と言えます。

身近な例で言うとボルトやねじは機械加工で作られているものと言えます。またかなり板厚の厚いものは機械加工によって切断などを行う場合があります。

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら