板金・切削・金属加工・製罐のキャディ株式会社基礎知識材質

A1100の特徴、性質、他のアルミとの違いとは?

A1100の特徴、性質、他のアルミとの違いとは?

A1100の特徴、性質、他のアルミとの違いとは?

目次
  1. A1100とは
  2. A1100の特徴
  3. A1100と他のアルミニウム合金との比較
  4. A1100の主な使用用途

A1100とは

A1100はアルミニウムの純度が99.00%以上の純アルミニウム材料を示す1000系のアルミニウム合金です。
1000系のアルミニウム合金は純度がとても高いアルミニウムのため強度は低くなりますが、加工性、表面処理性、溶接性、耐食性、導電性、熱伝導性いずれも優れた性質を示します。
A1100と他の1000系のアルミニウム合金を比較した際の特徴として、銅が微量添加されている点があります。
銅を添加していることによりアルマイト処理後の表面の光沢が白っぽく、より良好になるという効果があります。
A1100以外の1000系のアルミニウム合金はA1050、A1070、A1085等があり、それぞれ99.50%、99.70%、99.85%以上のアルミニウム純度になっています。

A1100の特徴

A1100は純度99.00%以上のアルミニウムに微量の銅(Cu)を添加したアルミニウムです。そのため、特徴はアルミニウムそのものの特徴を強く表します。

加工性、表面処理性、溶接性が良いためあらゆる形状に対応でき、導電性、熱伝導性が良いためその性質を生かした製品に利用されます。欠点としては強度が弱いため構造物等には利用が難しくなっています。また、銅が微量添加されていることからアルマイト処理後の表面によりきれいに光沢が表れます。

A1100と他のアルミニウム合金との比較

他の2000~8000系のアルミニウム合金はアルミニウムの欠点である強度の弱さを克服するために銅(Cu)やマンガン(Mn)、マグネシウム(Mg)などを含有させていますが、A1100はアルミニウム純度99.00%以上で銅を添加しているとはいえ少量であるためアルミニウムの特性をより濃く示します。

A1100の性質

A1100の成分

A1100はアルミに微量の銅を添加したアルミです。

品名 成分(%)
Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Ti その他 Al
A1100 Si+Fe0.95 0.05〜0.20 0.05 - - 0.1 - - 99.00以上

A1100の機械的性質

A1100は引張り強さが90(N/mm^2)、耐久が35(N/mm^2)であるため、強度が低い規格であることが分かります。

引張強さ(N/mm^2) 耐力(N/mm^2) 伸び(板)(%) 伸び(棒)(%) ブリネル硬さ(HB) せん断強さ(N/mm^2) 疲れ強さ(N/mm^2)
90 35 35 42 23 60 35

A1100の主な使用用途

主な使用用途としては家庭用品や電子機器、腐食への強さから各種容器、建材、台所などの器材、キャップなどに使われます。

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら