板金・切削・金属加工・製罐のキャディ株式会社基礎知識材質

C1020(無酸素銅)の性質、特徴、用途まとめ

C1020(無酸素銅)の性質、特徴、用途まとめ

C1020(無酸素銅)の性質、特徴、用途まとめ

目次
  1. C1020(無酸素銅)とは
  2. C1020(無酸素銅)の特徴は3つ
  3. C1020(無酸素銅)の用途

C1020(無酸素銅)とは

C1020は純度99.90%以上の純銅で、無酸素銅とも呼ばれています。

純銅には3種類あり、上記で述べたC1020(無酸素銅)、C1100(タフピッチ銅)、C120、C1220(りん脱酸銅)が3種類の内訳で、この3種類は酸素の含有量によって分類されます。酸素含有量は多いものから、C1100、C1201・C1220、C1020です。

このようにC1020は純銅の中で最も酸素の含有量が低いため、導電性、熱伝導性、加工性が非常に優れていますが、反面強度が劣ります。

上記の特性を活かして、C1020は電子・電気機器、ブスバー、熱交換器などに利用されています。

C1020(無酸素銅)の特徴は3つ

C1020の特徴は、導電性、熱伝導性、加工性、強度です。

導電性

C1020は酸素が極小で不純物も除去された高純度の銅であるため、非常に高い伝導性を誇っています。具体的な数値としては、導電率が101【%IACS】です。

熱伝導性

C1020は導電性で述べたことと同様の理由で、非常に高い熱伝導性を誇っています。

具体的な数値としては、熱伝導度が391【W/(m•k)】です。

加工性

C1020は強度が非常に弱いため、加工性が高いです。

強度

C1020は非常に弱く、強度の数値は下の表の通りとなっています。




規格 質別 引張強さ(N/mm^2) 降伏点(N/mm^2)

C1020

O 195以上 200
1/4H 215-275 250
1/2H 245-315 275
H 275以上 355

C1020(無酸素銅)の用途

C1020は、電子・電気機器、ブスバー、熱交換器などに利用されています。

C1020は純銅の中で、最も不純物を含んでいないため導電性、熱伝導性、加工性が非常に優れています。そのため、電子・電気機器、熱交換器など電気・熱を用いる製品に使用されることが多い規格です。

これらの性質が必要な製品をご検討の方は、ぜひキャディの銅の加工事例をご参照ください。

キャディでの対応事例

キャディでは銅の加工も対応しており、多くの製作実績があります。

ぜひ以下の製作事例を詳しくご覧ください!

▶︎ 銅の製作事例

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら