SUS304-鏡面の基礎知識

SUS304-鏡面の基礎知識

目次
  1. SUS304-鏡面材とは
  2. SUS304-鏡面材の対応板厚

これだけは知っておきたいSUS304-鏡面のポイント

・材質の表面が鏡のように光沢と反射率が高くなる!
・母材としてコストカットが可能

SUS304-鏡面材とは

SUS304-鏡面とは、ステンレスの鏡面仕上げ材のことです。

鏡面仕上げとは、仕上げ・研磨加工の一種であり、ステンレスやアルミなどの板金表面をバフによって研磨し光沢を強める表面仕上げです。

バフ研磨と鏡面仕上げの違いは、簡潔に説明するとステンレスの光沢度合いの違いになります。鏡面仕上げは、ステンレス表面がまるで鏡であるかのように光沢及び反射率が強くなります。

研磨に用いられるバフによって、ステンレス表面の光沢度合いが異なります。400番バフよりも600番バフ、600番バフよりも800番バフを用いて研磨したほうが光沢が強くなります。

ステンレスの鏡面材は、研磨に用いられるバフによって分類されます。400番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#400、600番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#600、800番バフを用いて研磨されたSUSはSUS304-#800というように規格表示されます。

800番バフを用いて研磨されたSUS304-#800までになると、鏡のような鏡面材といえます。

ステンレスは製品の表面部分に用いられ、この鏡面仕上げがなされることが比較的多いため、母材の段階から上記の鏡面仕上げがなされているステンレス材が流通しています。あらかじめ研磨がされているステンレス材のことを、一般的にステンレスの鏡面材といいます。

ステンレスの仕上げ材には、鏡面材の他にもヘアライン材などが挙げられます。

ステンレスの鏡面材を用いることによって、ステンレス材を鏡面仕上げする加工コストを浮かせることができます。

SUS304-鏡面材の対応板厚

ステンレスの鏡面材は、ステンレスの代表ともいえるSUS304が用いられます。SUS304はステンレスの中でも特に加工性に優れ、ステンレス製品の材質規格として頻繁に用いられています。

SUS304-鏡面材の対応板厚は、以下のようになります。

SUS304-鏡面材の板厚 加工
◎ ◎ ~0.7mm 0.8mm~1.0mm
1.1mm~1.5mm
1.6mm~3.2mm
3.3mm~6.0mm
6.1mm~9.0mm
9.1mm~

様々な加工法・材質に対応しています!

様々な加工法・材質に対応しています!様々な加工法・材質に対応しています!

キャディ株式会社が選ばれる理由

01

最短2時間見積り!
全国どこでも最短5日納期を実現!

独自開発の金属加工品自動見積りシステムにより弊社内では自動見積りのため、最短2時間で回答。全国どこでも最短5日納期で発送いたします。

02

機械・装置の板金・切削加工品を一括で製作
手離れの良い発注を実現!

包装機械、印刷機械、工作機械、半導体製造装置など、機械・装置の板金・切削加工品は一式でキャディ株式会社にお任せください。

03

良品率99.37% 納期遵守率99.27%!
安くても高品質

ISO9001に基づく品質・納期管理体制で高いQCDを実現。その結果として良品率99.37%、納期遵守率99.27%を実現し、多くのお客様にご満足いただいております。

開催予定のセミナー

お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工のご依頼・ご相談はこちら