お客様の声
北陽電機株式会社
最大5割のコスト削減に成功!設計変更まで提案してくれるキャディは、「”ITと人肌感”のハイブリッド企業」

北陽電機株式会社様

医療機械

課題

・調達原価の半分以上を占める板金製品のコスト

効果

・平均で3割のコストダウンを実現

2003年に医療機器の製作を初めてから15年以上にわたって血漿融解装置を開発・販売している医療機器メーカーの北陽電気株式会社。 今回は機器の設計から調達まで携わっていらっしゃる同社 技術課課長の金澤和彌さんにお話をお伺いいたしました。

苦節10年、ようやく完成した自社製品で業界No.1に

今日はよろしくお願いします。御社の製品について教えていただけますでしょうか?

我々は15年以上にわたって、最適な条件で安全に血液を解凍するための医療機器である血漿(けっしょう)融解装置を開発提供しています。もともとは製造工程に使う検査装置の設計をしていたのですが、製造外注だけでは先がないと思い、自社製品の開発を10年以上模索していました。その時に、産学連携のプロジェクトページに福島のとある病院が血液の融解装置を作ってほしい、という旨の書き込みをしている掲示板を見つけて連絡したのがきっかけです。

凍結保存してある血液製剤を輸血前に解凍するための機械の開発だったのですが、試作と改善を繰り返しながら、完成までに2年半かかりました。当時アメリカ製の機械もあったものの、値段が高額であまり普及していなかったんです。病院では洗面器にお湯を張って血液を入れたビニール袋をその中に入れて解凍していたりしたようですが、温度や衛生管理面で課題があり、融解装置には高いニーズがありました。現在では全国で約1700台が導入されており、弊社がこの機械ではシェアNo.1をとっています。

製造原価の削減と品質の安定化が課題

すごいですね。キャディ導入前には、どのような課題を抱えていらっしゃったか教えてください。

この血漿融解装置ですが、ほとんどが板金でできており、コストの半分以上を占めています。納品先である病院もこれくらいで買いたいという売値は大体決まっているので、製造原価の削減は長年の課題でした。 以前に加工を依頼していた会社は品質が安定せず、担当者が変わるたびに切り方や板のとり方などが変わってしまい、ほとんど毎回やり直しが発生していてその手間がかさんでいたことが大きな負担でした。また、違う加工会社さんでは平面図(2次元図面)じゃないと受け入れないとのことで、それ用に全図面用意しなければならないなど、工数がかかっていたことも重荷でしたね。

その中で弊社を導入することになったきっかけは何だったのでしょうか。
ある日キャディさんから来たFAX広告が目にとまりました。板金加工が98円からお願いできる、と。正直、「こんな値段でできるわけない、できたとしても粗悪品だろう」とかなり疑っていたんです(笑)。しかしモノは試しで、まず試作品の部品を1、2つお願いしてみることにしました。できた製品が届いてみたら、ちゃんと品質も良かったので驚いたんですよ。それで今度は試作品一式お願いしたんです。

平均3割削減、設計見直し提案で大幅コストダウン

実際に製作を弊社に依頼してみて、どんなメリットがありましたか?

一番は、コストが平均3割も削減できたことですね。ものによっては半値になりました。これまでもいろんな加工会社さんとお話してきましたが、「無理だ」と言われていた金額で発注できるので本当に驚いています。結果的に板金加工部品は全てキャディでまかなえるようになったので、管理工数も少なくなりましたね。 また、キャディさんは送った図面をそのまま鵜呑みにするのではなく、「ここの値はもう少し余裕もてたりしますか?するとコストもこれくらい安くなります。」というご提案をいただけるので、実際に設計を見直して大幅に安くなった部品もあります。

私も板金加工については素人なので加工工程の観点から相談に乗ってもらえるのはありがたいですね。
嬉しいお話をお聞かせいただきありがとうございます。とはいえ、最初は不安などありませんでしたか?
ホームページもちゃんとしていたし、高度にIT化されてる印象を受けたので不安はありませんでしたね。見積もりも「最短2時間」と書いてあったものの実際は数日かかるだろう、と思っていましたが、その日に届きました。
これまでも3Dプリントなどで部品の製作をオンラインで依頼したことがあったのですが、ウェブ上で全て完結するサービスだったので、キャディも同じかなと思っていたんです。でも実際は図面を送った後に、なんども電話やメールをやり取りさせていただきました。板金加工は図面に表しきれないところがあるので、直接のコミュニケーションは細かいところまですり合わせられ安心できます。キャディのように「ITと人肌感」のハイブリッド企業は珍しいんじゃないでしょうか。
ありがとうございます。今後弊社に期待することは何ですか?
最近機械加工も始められたということですが、ぜひ加工の守備範囲をもっと増やしていってほしいですね。
カバレッジ(加工対応範囲)は鋭意拡大中です!今後とも、お力になれるようにがんばります。
お電話でのお問い合わせ
050-5212-3671
※受付時間9:00~18:00(月〜金)
加工に関するお問い合わせはこちら